会社設立 東京★

日本の大企業の多くは東京に本社を置いています。
都市部に本社を置くことには明確にメリットとデメリットがあります。

 

第一のメリットは市場(マーケット)が大きいというところにあります。都市部には多くの人や企業が集まるため、
売上に繋がるビジネスチャンスが大きいと言えます。

 

また企業数の多さゆえに他地域に比べて多種多様なビジネスモデルを展開する企業が多くあることから、
直接の売上ではありませんが企業間の業務提携やコラボレーション企画が進めやすいといったメリットもあります。
更に、企業のみでなく多くの業界団体の本部が置かれているため、最新の情報が集まることもメリットの一つです。
他にも人材という面でも他の地域に比べて企業にとっては有利だと言えます。

 

単純に人口が多いため優秀な人材の絶対数が多いことと、他の地域に住む優秀な人材が都市部に集まることも考えれば圧倒的に人材獲得の面でも有利です。

 

反対に東京に本社を置くことのデメリットとしては、地価が高いため事務所家賃などに多額の費用が掛かる事や、
平均賃金も高いことから人件費もかさむことなどが挙げられます。
単純に都市部に本社機能を置くことが良いか悪いかは会社ごとに異なりますので、例えば今から会社設立を考えられている方などは、
このような本社を都市部に置くことのメリット・デメリットを正しく把握したうえで、実際に会社設立をする際の本社の所在を決定する必要があります。

関連記事

廃車

その他

最新記事

 
廃車ガイド > その他 > 会社設立 東京★
Copyright  廃車ガイド  All Rights Reserved
ページの先頭へ