廃車にともなう費用

所有する車を廃車にする場合、どの程度の費用が発生するのでしょうか。
一概にいくらかかりますとは、はっきり言えませんが、廃車にともなう費用には、リサイクル料金・抹消登録の手続き・解体費用などが発生します。

 

廃車をリサイクルする場合に、自動車を購入したときや車検のときに払い込みしている場合は、廃車時にとくに費用が発生することはまずありません。

 

自動車を購入したときや車検のときにリサイクル料金を払っていない場合は、外国車で約2万円、国産の軽自動車で約8,000円、国産の普通車で約1万円のリサイクル料金がかかります。
車両の種類やメーカー、車種、製造年などによって、リサイクル料金に違いが出てきます。

 

抹消登録の手続きを行う際に、用意する書類として印鑑証明書が必要ですが、印鑑証明書を交付するための手数料がかかります。

 

廃車でかかる費用は、解体費用、リサイクル料金、抹消登録にかかる費用を合計したものと考えて良いでしょう。

 

自分で手続きを行う場合、解体抹消登録費用や永久抹消登録費用は0円ですが、廃車に必要な手続きについて、行政書士などに依頼する場合は、そのための費用がかかることになります。

 

しかし、行政書士など法律のプロに依頼するほど、複雑な手続きではないので、ほとんどの人が自分で手続きをしているようです。

お役立ちサイト

「大特急!プリント基板.com」は、短納期専門のプリント基板製造サービスを実施しています。プリント基板の見積もり・製造・設計・実装を依頼できます。すべて国内製造で、アフターフォローも万全。急ぎで基板製造を希望する人は、ぜひチェックを。
大特急!プリント基板.com

関連記事

廃車

その他

最新記事

 
廃車ガイド > 廃車 > 費用について
Copyright  廃車ガイド  All Rights Reserved
ページの先頭へ