廃車後の車の行く末

廃車にされた自動車のほとんどは、解体作業の専門業者に持ち込まれています。
廃車にすると、すべての部分を捨ててしまうのかというと、そうではない場合もあります。

 

廃車として解体業者に持ち込まれた自動車は、解体されたあと、足回りやエンジン、ボディなどに分けられて、使用できるものについては、中古部品として販売される場合もあります。

 

とくに、自動車整備業者では、中古部品のニーズが高く、新品だと5〜6万円の価格で販売されているものもあります。中古部品は、5,000円ぐらいで購入できるものもあります。
廃車は、車として乗る価値がなくても、中古部品としての価値は十分にあると言って良いでしょう。

 

廃車になっても、人気の高い車種は商品価値が高いとされ、海外に持ち出されるものもあります。車を廃車にするということは、事故や故障などで車の一部がつぶれて乗れなくなったとしても、車のマニアから見れば商品価値が高いと判断される場合があります。

 

しかし、車が解体されて部品がバラバラになってしまったら、中古部品としての価値にとどまってしまうこともあり、ボディ部分は、ある程度たまってきたら、そのほとんどがスクラップ専門の業者に持ち運ばれます。

便利なサイト

廃車買取サイト
廃車買取 自動車を高く売る方法 廃車手続き等をご紹介

 

中国での会社設立
中国に進出するには、現地での会社設立が必須です。ご相談は、現地に日本人スタッフ在中のSBCへお問い合わせください。

関連記事

廃車

その他

最新記事

 
廃車ガイド > 廃車 > 廃車後の車の行く末
Copyright  廃車ガイド  All Rights Reserved
ページの先頭へ